10万キロ超えでも立派な商品になる軽自動車 軽自動車は中古になっても普通車より値段が落ちにくいとよく言われます。 華奢?な軽自動車が古くなっても安くならないのはなぜなのか、はじめはピンと来ませんでしたが、実際に軽専門の中古車店でたくさんの中古軽自動車を見て回ってそのイメージが吹き飛んでしまいました。 むしろ中古車の方が長持ちするのではとさえ思えてきました。 走行17万キロのEKが7万円、走行14万キロのムーヴが11万円、走行12万キロのアルトが35万円等々、軽自動車にとっては10万キロ走行なんて普通のことのようですね。 10万キロ前後だと40万円台、50万円台の値段の軽がゴロゴロ並んでいます。 このように値段が付けられて店頭に並んでいるということは、このような古い軽でもまだ数年やそこらは十分に走れるし普通に使えるということなのです。 普段の足代わりに使うとしたらまさにうってつけなのでしょうね。 燃費はいいし税金や任意保険も安くあげられるし、タイヤ代などの維持費も普通車に比べたら楽勝ですから。 「車体の軽い軽自動車は部品にかかる負荷が小さいので長持ちする」ということを聞いたことがありますが、これは本当だなと思いました。 ... Read More