スパークプラグ 自動車のエンジンに使われているスパークプラグについてお話しします。スパークプラグというのは、火花を電気的に飛ばすことによって、ガソリンに引火させてガソリンを燃やし、エンジンを回すという部品です。 このスパークプラグの先端はとても細い金属でできていて、火花が飛びやすい構造になっています。その細い金属というのは、なんとプラチナなんです。以前は別のやすい金属が使われていたのですが、火花が飛んだ時に割れてしまうのを防ぐため若干太くせざるをえませんでした。太くなることによって火花の飛び方が安定しないので、エンジンの調子が悪くなるんです。 しかし、プラチナであれば、かなり細くしても割れたり磨耗したりすることがほとんどないため、かなり火花を安定させることができます。さらに最近では、プラチナよりもさらに安定感が増した、イリジウムという金属を使っているスパークプラグまで出ています。 こちらはプラチナのスパークプラグよりもさらに高額ですが、とても性能がいいので結構売れているみたいです。 廃車 料金 ... Read More