車の査定の際、走行距離が短い方が高い査定額となります。

走行距離が長ければ長いほど車が劣化するからです。
だからと言っても、走った距離のメーターに細工をするとそれは詐欺なので、走行した分は諦めるしかありません。

今度から、いつかは車を売りに出すことも頭に入れておいて余計には走り過ぎないようにした方がいいと思います。

ネットで業者に車の査定を申し込もうとする際、電話番号など個人情報を打ち込むようになっているところが大部分なのがわかります。
買取業者を探して電話するのも面倒だし、ネットで手早く査定に出したいところではあるものの、「ネット上に個人情報を流すのが不安」「営業の電話がどんどん掛かってくるのがイヤ」などで、ネットでの査定を辞めようと考えてしまうかも知れません。

それに対応したものかどうか最近は、電話番号など個人情報の掲載不要で買取額が大体わかるようになるホームページもいくつか出現していますので、一度使ってみて自分の車がどれくらいで売れるのか知っておくのもいいかも知れません。
不幸にして事故を起こした車であっても査定をうけることは可能ですが、金額はすごく低くなるでしょう。
そうはいっても、事故を起こした車ということは隠そうとしたところで査定する人は事故車であることは分かるので、マイナスになってしまいます。
http://xn--dckgj6fh7b0d2lvfb.net/