車の買取店はどこも似たようなもので、査定額もどこでも同じではないか。と考える人も多くいますが、実は意外と買取店によって査定額に違いが出てきます。このような違いというのはどのようにして生まれてくるのでしょうか?

車買取店の中には、大きく分けると4つの業者があります。一つ目は自社で車の買取から販売までをトータルして行っている中古自動車店です。買い取った車は自社販路で販売をすることになるため、転売コストがかからないというメリットを持っています。二つ目は車買取専門店です。このタイプの車買取店は、買い取った車をオートオークションい即時出品します。そのため、車が売れるまでの間のコストがかからないというメリットがあります。

三つ目は輸出業者です。買い取った車は海外の販路に流すというタイプで、日本国内ではなかなか流通しないような車でも、海外で需要が高い車を高値買取してくれるというメリットがあります。そして四つ目が部品取りを目的としている業者です。事故車をはじめ、水没車なども車買取が可能と言われているのは、このような業者が存在するためです。

それぞれの業者の特徴を比較することで、自分の車を高く買い取ってもらうことが出来る会社を選ぶこともできますよ。